魚類検索 / キタノメダカ

キタノメダカ ダツ目・メダカ科



キタノメダカ


キタノメダカ 1キタノメダカ 2キタノメダカ 3キタノメダカ 4

標準和名 キタノメダカ (北目高)
分 類 ダツ目・メダカ亜目(アドリアニクチス亜目)・メダカ科(アドリアニクチス科)・メダカ亜科・メダカ属
学 名 Oryzias sakaizumii
英 名 Japanese killifish / Japanese rice fish / Japanese medaka
分 布 青森から若狭湾辺りにかけての日本海側など
生息環境 平野部の池沼や水田など
全 長 2~4cm 程度
別名・地方名 コメエト、メタカなど
備 考 背びれ・6~7軟条、しりびれ・15~21軟条
保護状況 環境省レッドリスト・絶滅危惧Ⅱ類(VU)
キタノメダカは国内に分布するメダカの仲間で、ミナミメダカと共に日本固有種とされている。
以前は国内に分布する「メダカ」を一種として、北日本集団と南日本集団に大きく別けていてたが、遺伝子的な違いから、北日本集団のものをキタノメダカ、南日本集団のものをミナミメダカと呼称し、現在では独立して扱われるようになっている。

形態的な違いは、「キタノメダカは体側に黒色網目模様が見られるの対して、ミナミメダカでは見られない」、「銀色鱗数はキタノメダカでは0~9枚であるの対して、ミナミメダカでは10~23枚を数える」、また、「キタノメダカでは、普通は雄の背びれの欠刻が深くなっている」などの違いが挙げられるとされているが、いずれも例外が多く見られ、外見上だけで判別するのは難しい。

その他の特徴としては、尾びれ基底に見られる黒色の斑の違いが指摘されていて、 雌雄共に、ミナミメダカはこの黒色斑がゼリービーンズ状でふたつ見られるのに対して、 キタノメダカではひとつの弓状に見えるとされている。

生活の様子や生息環境などはミナミメダカと同じで、平野部の池や沼のほか、水田や水路、小川などの細流に生息し、群れをつくって生活している。
主に動物プランクトンや落下昆虫のほか付着藻類なども食べるが、表層を好み、底性生物はほとんど食べることがない。

分布域に関しては、キタノメダカは青森から若狭湾辺りにかけての日本海側に分布しているが、由良川水系などでは両種が中流域で同所的に分布している他、両種の分布域の境になる丹後・但馬地方では交雑種の存在も確認されている。

近年の水田や河川の改修などによって、メダカの生息地や繁殖環境が減少しているほか、外来種のカダヤシとの競合などもあって生息数は激減している。
現在、キタノメダカもミナミメダカと共に、環境省のレッドリストに絶滅危惧種(VU)として指定されているが、更なる生息地の減少も懸念されている。