魚類検索 / ウケグチイットウダイ

ウケグチイットウダイ キンメダイ目・イットウダイ科



ウケグチイットウダイ


ウケグチイットウダイ 1ウケグチイットウダイ 2ウケグチイットウダイ 3ウケグチイットウダイ 4

標準和名 ウケグチイットウダイ (受口一等鯛)
分 類 キンメダイ目・イットウダイ亜目・イットウダイ科・イットウダイ亜科・ウケグチイットウダイ属
学 名 Neoniphon sammara
英 名 Blood-spot squirrelfisf
分 布 インド洋や西太平洋など
生息環境 沿岸の岩礁域など
全 長 20~25cm 程度
別名・地方名 ヨロイ(高知)など
備 考 第一背びれ・10棘、第二背びれ・1棘11~12軟条、しりびれ・4棘7~8軟条、側線有孔鱗数は39~43
ウケグチイットウダイはインド洋や紅海、西太平洋などに分布しているイットウダイの仲間で、国内では和歌山辺りより南に分布している。

体はやや長くて側扁し、吻は長くて口は小さい。
また、下顎は上顎よりも長く、受け口になっていることから名前が付けられている。

前鰓蓋骨の後縁に1本の棘があり、尾びれは深く切れ込んでいる。
体色は銀白色で、体側には褐色の縦帯が多数見られる。
また、尾びれの上下縁なども暗色で、第一背びれの第1から第4棘の鰭膜には黒色の斑も見られる。

浅い岩礁域やサンゴ礁域などに生息し、小魚や甲殻類などを食べる。
岩棚の下などのような暗所に多く、数十尾で群れることもある。

ウケグチイットウダイは釣りや刺網などで獲られ、食用に利用される。