魚類検索 / シルバーバルブ

シルバーバルブ (シルバーバーブ) コイ目・コイ科



シルバーバルブ


シルバーバルブ 1シルバーバルブ 2シルバーバルブ 3シルバーバルブ 4

標準和名 シルバーバルブ (シルバーバーブ)
分 類 コイ目・コイ科
学 名 Barbonymus schwanenfeldii / Barbus schwanenfeldii
英 名 Tinfoil barb
分 布 メコン川やチャオプラヤ流域、マレー半島など
生息環境 河川や運河、小川など
全 長 20~35cm 程度
備 考 背びれ・3棘8軟条
シルバーバルブはメコン川とチャオプラヤ流域やマレー半島、スマトラとボルネオ島などに分布しているコイ科の淡水魚で、幾つかのシノニム(同義語)が付けられている。

体は側扁していて、体高は高い。
吻は短くて、口は小さく斜めについている。
また、背びれの棘条は長く、尾びれは大きくて二叉している。

名前のように、体色は銀色で、各ひれは赤色やオレンジ色をしている。
この為、国内ではレッドフィンバルブなどと呼ばれることもあり、大きなものは、体色が銀色や金色で、尾びれや背びれは真っ赤になる。
また、背びれには黒色の斑や尾びれには黒色の筋などが見られる。

大きな河川に生息しているが、運河や小川、排水溝などでも見られる。
群れをつくって生活し、主に水生植物や藻類などを食べるが、小魚や甲殻類、水生昆虫やワーム類なども捕え、8~10年程の寿命があるとされている。

シルバーバルブは原産地では食用に利用されているが、国内などでは観賞用などに利用されている。