魚類検索 / シルバーシャーク

シルバーシャーク コイ目・コイ科



シルバーシャーク


シルバーシャーク 1シルバーシャーク 2シルバーシャーク 3

標準和名 シルバーシャーク
分 類 コイ目・コイ科・バランティオケイルス属
学 名 Balantiocheilos melanopterus
英 名 Tricolor sharkminnow / Bala shark
分 布 マレー半島やスマトラ島、ボルネオ島など
生息環境 河川や湖沼など
全 長 30~35cm 程度
保護状況 国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト・絶滅危惧種(EN)
シルバーシャークは、マレー半島やスマトラ島、ボルネオ島などの河川に自然分布している淡水魚で、「シャーク」と名前についているが、コイ科に属している。

目は大きく、体は背びれの起部がもっとも高くなっている。
体色は銀色で、各鰭の後縁は黒っぽく、背びれやしりびれ、尾びれには黄色っぽい帯も見られる。
また、尾びれは大きくて深く二叉しているほか、背びれも大きく、名前は、この鰭の様子がサメを思わせることから名前が付けられている。

大規模から中規模の河川や湖沼などに生息していて、中層辺りに多く見られる。
大きいものでは全長35cm程に成長し、小型の甲殻類や水生昆虫、その幼虫やワムシ、植物プランクトンなどを食べる。

シルバーシャークは観賞用などにも利用されているが、近年は多くの河川流域で生息数が減少し、一部では既に絶滅していると言われている。
現在、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストには絶滅危惧種(EN)として指定されているが、更なる生息数の減少が心配されている。