魚類検索 / トランスルーセントグラスキャットフィッシュ

トランスルーセントグラスキャットフィッシュ ナマズ目・ナマズ科



トランスルーセントグラスキャットフィッシュ


トランスルーセントグラスキャットフィッシュ 1トランスルーセントグラスキャットフィッシュ 2トランスルーセントグラスキャットフィッシュ 3トランスルーセントグラスキャットフィッシュ 4

標準和名 トランスルーセントグラスキャットフィッシュ
分 類 ナマズ目・ナマズ科・クリプトプテルス属
学 名 Kryptopterus bicirrhis
英 名 Glass catfish
分 布 インドシナや東南アジアなど
生息環境 河川の岸近くなど
全 長 15cm 程度
備 考 しりびれ・55~68軟条
トランスルーセントグラスキャットフィッシュは、メコン川流域やチャオプラヤ川流域のほか、マレー半島やスマトラ島、ボルネオ島などの東南アジアに分布しているナマズ科の淡水魚で、透明の体をしていることから、観賞魚としてはよく知られている。

名前のように、体は頭部を除いてガラスのように透明で、内蔵や骨は透けて見える特徴的な体をしている。
下顎には、2本の長いヒゲが前方に向かって伸びていて、尾びれは二叉している。

大きな河川の岸近くに生息しているが、流れのある、砂泥質の濁ったところに多く見られる。
ふつうのナマズのように泥底などに潜ることはなく、底から離れて、中層あたりで群れになって生活している。
昼間に活動し、小魚や小さな甲殻類、ワーム類や水生昆虫などを食べる。

トランスルーセントグラスキャットフィッシュは観賞用に利用されているが、弱ったものなどは透明感がなくなり、体が白濁する。
また、同属のKryptopterus minor (Ghost Catfish)はトランスルーセントグラスキャットフィッシュよりも体が小さく、全長7cm程で、ボルネオ島西部に分布している。

この他、東南アジアにはインディアン・グラスフィッシュなども分布しているが、こちらはナマズ科ではなく、スズキ目タカサゴイシモチ科に属している。