魚類検索 / ヒメツバメウオ

ヒメツバメウオ スズキ目・ヒメツバメウオ科



ヒメツバメウオ


ヒメツバメウオ 1ヒメツバメウオ 2ヒメツバメウオ 3ヒメツバメウオ 4

標準和名 ヒメツバメウオ (姫燕魚)
分 類 スズキ目・ヒメツバメウオ科・ヒメツバメウオ属
学 名 Monodactylus argenteus
英 名 Silver Batfish / Silver moony / Diamond moonfish
分 布 インド洋や西・中部太平洋など
生息環境 沿岸や内湾など
全 長 15~25cm 程度
備 考 背びれ・7~8棘27~31軟条、しりびれ・3棘27~32軟条
ヒメツバメウオは北緯31度辺りから南緯42度辺りにかけてのインド洋や西・中部太平洋などに分布しているが、フィリピンやアラフラ海などの暖海域に多く、国内では琉球列島辺りより南に分布している。

体は強く側扁していて、体高は高い。
また、吻は短くて口は小さく、眼は大きい。

体色は銀白色をしているが、背びれや尾びれは黄色っぽく、背びれやしりびれの前部の先は黒っぽい。
腹びれは痕跡的で、鱗は小さな櫛鱗をしている。
側線は背縁に沿って湾曲しているが、後方では真っ直ぐに伸びている。

また、幼魚のしりびれの棘条部は長く、頭部には2本の黒い横帯が見られる。
その内の1本は眼を通り、もう1本は鰓蓋を通っているが、成長と共に薄くなり、全く消失するものも見られる。

ヒメツバメウオは沿岸の浅場や内湾などに群れで生息しているが、幼魚はマングローブの生える汽水域などの他、河川上流にのぼることもあり、水生植物の間などでも見られる。

主にプランクトンやデトリタスなどを食べるが、他の魚につく寄生虫なども食べると言われている。

大きいものは25cm程に成長するが、国内に分布するものは15cm程度のものが多く、観賞用に利用されることがある。

尚、名前のよく似たツバメウオマンジュウダイ科に属していて、大きさや体型なども異なっている。