魚類検索 / イスズミ

イスズミ スズキ目・イスズミ科



イスズミ


イスズミ 1イスズミ 2イスズミ 3イスズミ 4

標準和名 イスズミ (伊寿墨・伊須墨)
分 類 スズキ目・スズキ亜目・イスズミ科(メジナ科)・イスズミ亜科・イスズミ属
学 名 Kyphosus vaigiensis
英 名 Brassy chub / Large-tailed drummer
分 布 太平洋やインド洋など
生息環境 沿岸の岩礁域など
全 長 30~50cm 程度
別名・地方名 ササヨ(伊豆大島)、ベタ(小笠原)、キツネウオ(高知)、その他・ゴクラクメジナ、アサベ、タカウオ、ゴクラクササヨ、クシロ、ババタレ、シチューなど
備 考 背びれ・10~11棘13~15軟条、しりびれ・3棘12~14軟条
イスズミはインド洋や太平洋に広く分布していて、太平洋では東シナ海から南シナ海を経て、アラフラ海やグレートバリアリーフ、ミクロネシアなどのほか、ハワイ諸島やライン諸島などの中部太平洋に分布している。

国内では東京湾辺りよりも南に分布しているが、インド洋にも広く分布していて、紅海でも見られる。

体は楕円形で側扁し、体高は高い。
吻は短くて先は鈍く、口は小さい。

尾びれは湾入していて、腹びれ・背びれ・しりびれなどは暗色をしている。
一見するとメジナに似た感じがするが、体色は青味を帯びたような褐色で、体側には鱗に沿って黄色い縦帯が多数見られる。
また、イスズミの背びれやしりびれは鱗が被さっていて、背びれの棘条も10~11棘で、メジナの15棘よりも少なくなっている。

イスズミは外洋に面した磯などに生息しているが、水深25m程度までのところに多く見られ、幼魚は流れ藻や浮遊物などについて小型の甲殻類などを食べる。
成長するに従い底性生活をおくるようになり、小型の底性動物やハバノリなどの海草も食べるようになる。

イスズミは定置網や刺網などで漁獲され、食用として利用されている。
一般に、夏は磯臭いと言われるが冬には美味しいとされ、刺身やフライなどに利用される。

季節のほか産地によっても味の評価は異なるが、イスズミは釣りの対象魚として人気がある。
大きいものは70cm程に成長するものもいて、メジナ釣りと共に各地で盛んに行われている。