魚類検索 / ツボダイ

ツボダイ スズキ目・カワビシャ科



ツボダイ


ツボダイ 1ツボダイ 2ツボダイ 3ツボダイ 4

標準和名 ツボダイ
分 類 スズキ目・スズキ亜目・カワビシャ科・ツボダイ属
学 名 Pentaceros japonicus
英 名 Spearfin boarhead
分 布 西太平洋など
生息環境 深場の底層など
全 長 30cm 程度
別名・地方名 インヒャ(鹿児島)、トモモリ(高知)、その他・インヒシャ、テングダイ(混称)など
備 考 背びれ・11棘13~15軟条、しりびれ・4~5棘8~10軟条
ツボダイは南日本からパラオ諸島にかけて分布し、国内では小笠原諸島や沖縄諸島などに多く分布している。
名前に「タイ」と付いているが、マダイなどとは違って、ツボダイはテングダイなどと同じカワビシャ科に属している。

体は側扁していて、体高は高い。
眼は大きく、吻端はとがり、口は小さい。

下顎は上顎よりも少し長く、尾びれの後縁はやや湾入している。
背びれの棘は鋭く、第三棘がもっとも長く、鱗は粗い櫛鱗をしている。

体色は紫を帯びたような褐色や灰色で、腹面は淡く、全体に光沢がある。
体側に斑などは見られないが、はっきりとしない暗色の横帯が残っているものも見られる。

水深100~400m程度の深場に生息しているが、300m程度ところに多く見られ、魚類などを食べる。
幼魚では体側に不規則な斑があり、表層を漂いながら生活しているが、10cm程に成長した頃には斑はなくなり、底性生活をはじめる。

ツボダイは底引き網や釣りなどで獲られ、食用として利用される。
流通量は少ないが、白身の魚で、刺身や煮つけなどに利用され、美味しいものとされている。
ツボダイ 5 ツボダイ 6 ツボダイ 7