魚類検索 / アオギハゼ

アオギハゼ スズキ目・ハゼ科



アオギハゼ


アオギハゼ 1アオギハゼ 2アオギハゼ 3アオギハゼ 4

標準和名 アオギハゼ
分 類 スズキ目・ハゼ亜目・ハゼ科・ハゼ亜科・ベニハゼ属
学 名 Trimma tevegae / Trimma caudomaculata
英 名 Bluestripe pygmygoby / Blue-striped cave goby
分 布 日本を含む西太平洋
生息環境 沿岸の岩礁域やサンゴ礁域など
全 長 3~4cm 程度
備 考 背びれ・7棘8~9軟条、しりびれ・1棘8~9軟条
アオギハゼは、東シナ海から南シナ海を経て、アラフラ海や珊瑚海など、西太平洋に分布しているハゼの仲間で、国内では、紀伊半島や高知県辺りより南で見られ、伊豆諸島や琉球列島などでは普通に見られる。

体は側扁していて細長く、第一背びれの第二棘は糸状に伸びている。
第二背びれとしりびれは同位で、基底はほぼ同じ長さで、尾びれの先は丸みを帯びている。

体色は金色を帯びたような鮮やかなオレンジ色で、体側には、眼を通る1本の青色の帯が見られる。
また、尾びれはピンク色をしていて、付け根にはひとつの大きな黒っぽい斑があるが、ふたつに分かれているように見えるものもいる。

沿岸の岩礁域やサンゴ礁域などに生息し、岩と岩の間や岩の斜面、岩棚の下、岩穴や洞窟の入り口など、流れのある場所で見られる。
多くは水深10~40m辺りで見られるが、水深70m付近でも観察されていて、暗いところを好み、カイアシ類などを食べる。

数匹から数十匹の群れで生活しているが、普段は頭を上にして、流されないように、斜面に対して立ったように浮遊している。
また、岩棚の下などで腹側を上に向けて(仰いで)いることも多く、この様子から名前(アオギ/仰ぎ)が付けられている。

アオギハゼは観賞用に利用されることがあるが、体が小さいこともあり、食用に利用されることはない。