魚類検索 / オオカミウオ

オオカミウオ スズキ目・オオカミウオ科



オオカミウオ


オオカミウオ 1オオカミウオ 2オオカミウオ 3オオカミウオ 4

標準和名 オオカミウオ (狼魚)
分 類 スズキ目・ゲンゲ亜目・オオカミウオ科・オオカミウオ属
学 名 Anarhichas orientalis
英 名 Bering wolffish
分 布 北日本からオホーツク海、ベーリング海など
生息環境 主に岩礁域
全 長 1m 程度
オオカミウオは特徴的な顔つきをしている海水魚で、東北地方より北からオホーツク海、ベーリング海などの寒い地域に分布している。

体は長く側扁し、背びれとしりびれの基底はかなり長く、背びれは頭の後ろから尾びれの付け根まで続いている。
体つきはギンポなどに似ているが、頭部はがっしりとしていて、口が大きく、名前のように、オオカミを思わせるような顔をしてないこともない。

体色は茶色や褐色、赤褐色のほか、黒色や暗灰色などをしている。
また、体には10本近くの太い暗色の横帯があり、頭部には浮き立った筋が見られる。
両顎の前部には4~6本の犬歯があり、下顎の後部前鋤骨と口蓋骨には、一枚の厚い板のようになっている臼歯がある。

水深50~100m程の岩礁域に生息し、日中は岩穴などに潜んでいて、夜になると活動をはじめる。
主にホタテガイやツキヒガイなどの二枚貝を食べるが、歯は丈夫で顎の力も強く、硬い貝類なども噛み砕いて食べてしまうほか、カニなどの甲殻類も食べる。

産卵期は10~11月頃で、直径20cm程もある大きな粘着性の卵を産むが、オオカミウオは卵塊を体でまいて保護する習性がある。

底引き網などにかかるが、一般に流通することは少なく、かまぼこなどの原料にされる。
また、大きいものでは1m程にもなるが、小さいものは刺身やフライなどにすると美味しいと言われ、大きいものもフライや唐揚げなどにすると美味しいとされている。

尚、和名は英名から付けられているが、ロシア名では「サバーカ(イヌ)」とも呼ばれている。