魚類検索 / イトヒキコハクハナダイ

イトヒキコハクハナダイ スズキ目・ハタ科



イトヒキコハクハナダイ


イトヒキコハクハナダイ 1イトヒキコハクハナダイ 2イトヒキコハクハナダイ 3イトヒキコハクハナダイ 4

標準和名 イトヒキコハクハナダイ
分 類 スズキ目・ハタ科・ナガハナダイ属
学 名 Pseudanthias rubrolineatus
英 名 Thread-tail basslet
分 布 日本やニューカレドニアなど
生息環境 やや深い岩礁域など
全 長 10~12cm 程度
イトヒキコハクハナダイは、「タイ」と名前についているが、ハタ科に属している海水魚で、日本では小笠原諸島や静岡、高知や鹿児島などで見られるが、ニューカレドニアにも分布していることから、日本から台湾、フィリピンを経て、オセアニアなどの西部太平洋に分布していると考えられている。

体は細長い楕円形で、側扁している。
背びれの基底は長く、和名にあるように、尾びれの条の数本は糸状に伸びている。

体色は淡いオレンジ色から赤っぽい色合いで、口から胸びれ辺りにかけて2本の黄色い筋が見られる。
また、体側には白く縁取られた1本の赤い縦筋がある。

一見するとスジハナダイとはよく似ているが、スジハナダイの尾びれの条は糸状に伸びないほか、体側にある赤い筋は、イトヒキコハクハナダイの方が細く、長さも短いなどの違いがある。

イトヒキコハクハナダイは水深25~200m辺りのやや深い岩礁域に生息しているが、水深400m辺りでも見られるとも言われている。

動物プランクトンや小型の甲殻類などを食べ、時に単独で生活しているものも見られるが、普通は一匹の雄を中心とした小さな群れで生活している。

また、ハナダイの仲間は雌性先熟の性転換を行うが、イトヒキコハクハナダイも同様の性転換を行い、繁殖期の雄は婚姻色を現し、体色が鮮やかになり、体側の縦帯が不明瞭になる。

イトヒキコハクハナダイは体が小さいこともあり、食用に利用されているかは分からないが、キンギョハナダイケラマハナダイなどのように、時に観賞用に利用されることがある。