魚類検索 / ヤンセンニシキベラ

ヤンセンニシキベラ スズキ目・べラ科



ヤンセンニシキベラ


ヤンセンニシキベラ 1ヤンセンニシキベラ 2

標準和名 ヤンセンニシキベラ
分 類 スズキ目・べラ亜科・ベラ科・ニシキベラ属
学 名 Thalassoma jansenii
英 名 Jansen's wrasse
分 布 日本や西太平洋、インド洋など
生息環境 岩礁域やサンゴ礁域など
全 長 20cm 程度
備 考 背びれ・8棘13軟条、しりび・3棘11軟条
ヤンセンニシキベラは日本から東シナ海を経て、南シナ海やアラフラ海、珊瑚海、ミクロネシアやマーシャル諸島、フィジーなどの西太平洋に分布しているベラの仲間で、国内では駿河湾辺りから南で見られる。
また、インド洋でも、オーストラリア西海岸からアンダマン諸島、ベンガル湾やモルディブなどにも広く分布している。

体は所謂ベラ型で、側扁している。
口は小さく、尾びれの上下両葉の先は長く伸びている。

体色は、背側は黒っぽく黄色や淡い色の横帯があり、全体に鞍掛模様のように見える。
しかし、模様の様子には変化があり、幼魚では背側が暗緑色や緑褐色のような色合いで黒っぽく、赤い縞模様がある。

ヤンセンニシキベラは水深15m辺りまでの浅い岩礁域やサンゴ礁域などに生息していて、甲殻類や多毛類などを食べる。
コガシラベラセナスジベラなど、他の多くのサンゴ礁に生息しているベラの仲間と同様に、泳ぐときは胸びれを使って泳ぎまわる。

また、国内のものは単独で見られることが多いとも言われているが、ヤンセンニシキベラはふつうは群れをつくって生活している。
雌性先熟の性転換を行い、雄がいなくなったりすると、群れの中の体の大きい雌が雄へと性転換する。

この他、ヤンセンニシキベラが食用に利用されているかは分からないが、時に観賞用に利用されることがある。

尚、パプアニューギニアに分布しているものは、別種・T. nigrofascatumとして扱われている。