魚類検索 / パープルクイーン

パープルクイーン スズキ目・ハタ科



パープルクイーン


パープルクイーン 1パープルクイーン 2パープルクイーン 3パープルクイーン 4

標準和名 パープルクイーン
分 類 スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・ナガハナダイ属
学 名 Pseudanthias tuka
英 名 Yellowstriped fairy basslet
分 布 日本や太平洋、インド洋など
生息環境 沿岸のサンゴ礁域や岩礁域など
全 長 12cm 程度
備 考 背びれ・10棘15~17軟条、しりびれ・3棘7~8軟条
パープルクイーンはハナダイの仲間で、東シナ海や南シナ海を経て、アラフラ海やサンゴ海などの西太平洋に多く分布している。
また、インド洋ではオーストラリア西岸やモーリシャスなどでも見られる。

体は細長い楕円形で、側扁している。
背びれは高く、尾びれは2叉している。

体色は全体に鮮やかな紫色をしているが、尾びれが黄色っぽいものや、雄の背びれに濃色の斑があるものなども見られる。
また、多くのハタ科の仲間のように、パープルクイーンは雌性先熟の性転換を行い、群れの中で体の大きい支配的なものが、雄へと性転換を行う。
この性転換に伴い、雌では背から尾びれにかけて黄色やオレンジ色の帯があるが、雄ではこの帯が消え、吻先が尖り、下顎が黄色くなるほか、尾びれ上下両葉の端が糸状に伸びる。

ところで、同属のハナゴイ(Pseudanthias pascalus / Amethyst anthias)とは大変よく似ていて、見分けるのも大変難しい。
パープルクイーンの雌は、ふつう背びれの起部辺りから尾びれにかけて伸びる黄色やオレンジ色の帯があるが、ハナゴイの雌は全体的に紫色をしているので見分けやすいが、
雄では見分けるのが極めて難しい。

ふつうパープルクイーンの吻端は黄色っぽい色をしているとされているが、個体差などもあって分かりづらい。
また、どちらの種にも背びれに濃色の斑が見られたりして分かりづらい。

背びれやしりびれの条数も重複していて、側線鱗数もハナゴイが48~52、パープルクイーンが45~49、胸びれ軟条数もハナゴイが16~19、パープルクイーンが16~18と一部重複しているので、全体を通して観察する方がよい。

同科のアカネハナゴイともよく似ているが、こちらは体色が違っているので見分けることができる。

パープルクイーンは水深2~40m程のサンゴ礁域や岩礁域などに生息しているが、水深10~30m辺りで見られることが多く、大きな群れをつくって生活している。
サンゴ礁の外縁などで見られ、流れてくる動物プランクトンや魚の卵などを食べる。

パープルクイーンが食用に利用されているかは不明だが、体色が綺麗なことから、ハナゴイやケラマハナダイキンギョハナダイなどと共に観賞用に利用されることがある。